FC2ブログ

第壱話 ~湿気ぬ、カリカリの音~

0707 (45)

zzzZZZ・・・・、!!。「うぃ~、よく寝たぜ・・・」






梅雨特有のまとわりつくような暑さが辺りを包むなか、
彼は目を覚ますと開口一番けだるそうにそう言い放った。
窓からは灰色の光が差し込んでくる。
それは外が晴れているのか曇っているのかまでわからない弱々しい光だった。
もしかしたら梅雨らしく小雨なんかがパラついているのかもしれない。





今にも「昨日はちょっと飲みすぎちまったぜ、ベィベ・・・」
と言わんばかりの『したり顔』をキメめると、
彼は自分の腹の虫が鳴っているのに気づいた。

0707 (55)

いったい今、何時なんだ? 腹が空いたぜ・・・ベィベ!





いったん腹が空いたと思うとなんとも言えない空腹感が彼をおそった。
そのことが彼もしょせん本能に忠実な動物(猫)であることを物語っていた。
彼はご飯の出どこである厨房の入り口を気にしつつも辺りを見渡した。





0619 (16)

水を出すでち!!





今日もアイルーが洗面台で「シャーシャー」と猫らしからぬ声をあげている。
いつもと変わらぬ光景だ。
どうやらご飯はまだらしい・・・。
辺りの静けさから彼がそう判断をしかけた時だった、




あぐっ!あぐぅ!!パラ・・バラバラバラ・・・・・カリカリカリ・・・




エサが大量にシートにこぼれ落ちる音がした。
彼は驚きつつ勢いよくその音がする方向に視線を落とした。




0630.jpg


そこには一匹の茶色い毛だまりが、
みんなの食べ残しのカリカリを貪る姿があった。
まさにその音はぽんちがエサをブルドーザーしてる音だった。

彼が寝ているところからキャットタワーを挟んでエサが置かれていたため、
エサが置いてある場所が彼からちょうど死角になっていたのだ。





0707 (53)

不覚・・・
ま、まさか、オレ様としたことが・・・エサの時間を寝過ごした・・・?!ベィベ!!






瞳孔が収縮し、周りがホワイトアウトするような感覚が彼を襲った。
それがショックと空腹感から来るものだということは容易に感じ取れた。
そこに一匹の白い毛だまりがその容姿に似合わずひっそりほっそりと現れた。





0116 (43)


らうら~♪ ベンベンは今日めずらしくカリカリしに来なかったのら~?
お腹でも痛いのら~??





ゆっくりとした小馬鹿にするような口調が空腹の彼をよりイラだたせた。
そんなことには一切気づかずに白い毛だまりはつづける。





r1003 (1)

今日のカリカリは美味しかったのら~♪
久々にヘアボールコントロールの大粒だったのら!
しかも、乾燥ササミに煮干まで入ってたのら~♪
ベンベンも食べたほうが良かったのら~もったいないのら~♪
でも、もうベンベンの無いのら~!
誰かがベンベンの分までカリカリしてたのら~♪







白い毛だまりに言われるまでもなく、
もうすでに彼の分のカリカリが残っていないことなど彼にはわかっていた。
遠くではまだシートにエサをこぼす音が聞こえる。
ぽんちのようにみんなの残飯をあさりに行こうか・・・
そんな考えが一瞬頭をよぎったがすぐに却下された。
彼は自分の中で空腹よりやり切れぬ怒りの方が大きくなっていくのがわかった。
白い毛だまりの話は彼の空腹感をイラつきムカつき腹立たせへと昇華させていった。



b1005 (6)

オレ様の大切なカリカリを奪った奴、許すまじ!!
見つけ出してヌッコヌコにしてやんぜ、ベィベ!!







こうして理不尽な復讐に心を奪われた彼は、
ワンコインランチのごとく容易に悪魔に魂を売るのであった。
はたしてまだ見ぬカリカリ泥棒とは誰なのか?!
鬼と化した彼の運命は?!!
カリカリをシートにこぼす音が鳴り止まぬ中、
物語は後編へと続くのであった・・・・









to be continued・・・












水はまだでちかね?? 
 ↓↓↓
キャテリアムバナー2ss 

 〔携帯用〕 猫カフェランキング














次回予告







われたカリカリ・・・

犯人を追う・・・


0710 (16)

讐・・・ 


はたまた正義なのか・・・






ひそむ犯人の・・・


0603 (18)


されたプライド・・・






戻らぬ間・・・


a1005 (2)



はまでちかね・・・?





溶けゆく・・・



p1005 (8)



がるカリカリ・・・





まとわりつく空・・・


0707 (5)


暴走する感・・・






が襲う・・・


0625 (18)


逃げ場のないの運命は・・・・














        次回     
            、

              ちゆく 
                    ×  カリカリ

                   
                                        




 お楽しみください。 


          
スポンサーサイト



comment

Secret

No title

はは、面白いですね~。
次回作(あるのかな?)期待してます~v-222

No title

超おもしろかったんですけど!!小説風?(・o・)

No title

火サスv-27v-28、土曜ワイドe-472v-214みたい

食べ物の恨みは、怖ろしい~v-41v-42
プロフィール

キャテリアム

下北沢にある“Cateriam”は
13匹の猫たちと遊べる猫カフェ。
個性豊かなゆるゆる猫たちは今日もまったりほのぼの。
あなたも仲間入りしませんか?

最新記事
カテゴリ
ランキングサイト
ランキングサイトに登録中!
応援クリックをぽちっと
どうかお願いいたします!

キャテリアムバナー3s

キャテリアムバナーss
mixi コミュニティー
Cateriamのmixiコミュです。
ぽんちもmixiに登場!
お気軽に参加してくださいね♪

名称未設定-1s
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード